* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.07.15 Tuesday * | - | - | -
* トヨタ(TOYOTA) ランドクルーザー200 <その6 最終回>
新型ランドクルーザー200のレポートとして数回に渡ってお伝えしてきたこのレポートも今回でいよいよ最終回となります。

最終回となる今回は、このランドクルーザーというクルマを新車(もしくは中古車として)購入するときのことを中心にお伝えしていきます。
ランクル200のレポートも今回で終わりとなります。
今回は実際に「ランドクルーザー200」を購入するときのグレード選びなどにスポットを当ててみたいと思います。


◎"Gセレクション" と "AX" 選ぶならどっち?

言うまでもなく、"Gセレクション" だと断言できます。
2つのグレード間の価格差は70万円。 決して安くはない差です。 それでもライターが "Gセレクション" を推すのには2つの大きな理由があります。

■ランドクルーザー200 "Gセレクション" を選ぶ理由 その1

ランクル200は車両本体価格が500万円程もするクルマです。 新車購入時は、ちょっとしたオプションをつけると、税金かれこれ含めると600万円を超すこともあるでしょう。

仮に "AX" を選んだとしても、やはりそれに近い金額がどのみちかかります。 極悪路などほとんどないと言ってもいいこの日本で、このクルマを購入したいと思う動機の一つとして、「ステイタス」というのは必ずあるはずです。

ステイタスが大きな購入動機であるならば、より上のグレードを選んだ方が間違いがないと言ってよいでしょう。 なぜならば、お金の事を考えなければいけないのは購入時のみで、ランクルを実際に買った後は、どちらのグレードを選んだかということだけが残ります。

本当は "Gセレクション" を購入したかったという人にとっては、ランクル200に乗り続けている限り、後悔に近い感情が消えないと思います。

  「あの時、思い切って "Gセレクション" にしておけばよかった」

という後悔は、ランクル200に対する気持ちが強ければ強いほど、時とともに小さくなるどころか、どんどん大きくなっていくものです。 ライターは職業柄、実際にそのような後悔をした人を嫌というほど見てきています。

ですから、万が一グレード選びに迷った時には、

  「上のグレードを選ぶ」

というのが後悔の少ない買い方の鉄則です。 特に実用的な用途だけでなく趣味的な要素も強い「自動車購入」については、これが当てはまります。

■ランドクルーザー200 "Gセレクション" を選ぶ理由 その2

2つ目の理由もとても単純です。 それは、"Gセレクション" にしかついてない、あるいは "Gセレクション" でしか選べないオプション機能が多いからです。 しかも、今回のランクルのフルモデルチェンジで大きな目玉となっている機能に限って、そのような感じになっているものが多いようです。

もう少し機能的な差が小さければ、この2つ目の理由は問題にならなかったのですが、あまりにも機能・装備の差が大きすぎますので、ランクル200の購入動機をステイタスだけでなく、クルマ自体の機能的なものに求めている人にとっても、やはり "Gセレクション" が間違いのない選択肢となることでしょう。


◎新車購入と中古車での購入はどちらが賢い?

これは難しい選択です。 今すぐランクルが欲しい人、クルマに限らず新品しか購入したくない人にとっては、「新車購入」という選択肢しかないでしょう。

そうでない人にとっては、現時点ではもうしばらく様子を見ながら、「中古車購入」も視野に入れた上で考えてみることをおすすめします。

人間の価値観は人それぞれですので、決めつけるようなことは言えませんが、一般的なクルマの価値としては、新車で購入した "AX" よりも、中古車として買った "Gセレクション" の方が価値があります。

ただ、この一般的なクルマの価値と、実際にクルマを購入する人が感じる価値とは必ずしも一致しないので、場合によっては新車で "AX” を購入するのもありだとは思います。

ちなみにこれまでの歴代ランクル、特に先代にあたるランドクルーザー100の中古車相場を見てみると、

  めちゃくちゃ高い! です。

同じトヨタのセルシオなどはいつも強気の相場になりますが、ランクル100については、それと同等あるいはそれ以上の中古価格相場です。

ランクル200の相場もランクル100と同じように推移するならば、中古車として購入するのは価格的にはあまりメリットが大きいとは言えないでしょう。
少なくとも新古車レベルのランクル200を中古で買いたいと狙っている人にとっては、楽しくない状況になるはずです。

もうしばらくすると、ランクル200の登場によって、今まで高値一色だったランクル100の相場が全体に大きく下がって、中古車購入時の割安感が出てくるでしょうから、それを狙うというのも一つの方法かもしれません。

また、時代が時代だけに、ランクルのようなクルマが今後も変わらずに中古車相場の高値を維持できるとも限りません。 もしそのような状況になるのであれば、3年ぐらい後にランクル200を中古で購入するというのも一つの賢い選択肢になるかもしれません。

中古で買っても新車で買ってもランクルはランクルですから、どう買うかというのもランクルの楽しみ方の一つだと思えばよいでしょう。


6回に渡ってお伝えしてきた、ランクル200のレポート。 今回で最終回となりましたが、どうだったでしょうか?

 最近のクルマにはない魅力と大きな存在感をもつランドクルーザー200!

このクルマが永遠に世界のランクルとして君臨し続けることを願って、このレポートを終わりにしたいと思います。
2007.10.04 Thursday * 14:59 | 車選びの豆知識! | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2008.07.15 Tuesday * 14:59 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://auto-agency.jugem.jp/trackback/16
<< レクサスSC430がとっても似合う 「金沢城・兼六園 〜秋の宴〜」 | main | 【中古車販売店ドットコム】 運用スタート! >>