* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.07.15 Tuesday * | - | - | -
* 移動体向けデジタルTV ケンウッド
ケンウッドは、米国で試験が進められている複数の移動体向け地上波デジタルTV放送のうち、「MPH」方式対応のチューナーを開発し、「2008CES」に参考出品しました。

JUGEMテーマ:車/バイク
アメリカでは、2009年中に現行アナログTV放送が終了することになっていて、一般家庭向け地上波デジタルTV放送としては、「ATSC DTV」が既に運用中です。

しかし、移動体向けに対しては、複数方式があり、どの方式が採用されるかは未決定の状態となっています。


ただ、「MPH」方式は現行のアナログTV放送と同じ周波数帯を使うことから、費用負担が少ないと放送局側の支持も得られているという状況です。

また、1本のアンテナで100km/hを超える速度でも安定した受信が可能となっているなど、ユーザー側のメリットも大きく、次世代の地上波デジタルTV方式として有望視されているところです。


なお、このチューナーは、米国の映像機器メーカー「ハリス」社、LG社、ゼニス社との共同開発となっています。
2008.01.18 Friday * 12:08 | カー用品!実況レポート | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2008.07.15 Tuesday * 12:08 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://auto-agency.jugem.jp/trackback/170
<< フィアット 500 発売は500時間後? | main | クラリオン 次世代マルチメディア端末発表 >>